CARITAの栄養パック マスクプログレシフwithかっさ

こんにちはo(*_ _)o
表参道で、
エステティックサロン青山全身美容室を、
営んでおります、草野智子です。

化粧品会社には、必ず逸品があります。
全商品が優れていれば良いのですが、
化粧品メーカーにお金を払う立場で、
お客さまからお金を頂戴する立場の私は、
お勧めできる逸品だけを取り上げ、ご紹介しています。

CARITA マスクプログレシフ、
前進、漸進的、進歩的と名づけられた、栄養パック。
私がエステティシャンになったとき(32年前)には既に存在し、
消えていく商品の多い中で、C14、カリトリックス等と並び、
商品名も変わらず続く、息の長い、商品です。

又、CARITA マスクプログレシフは、
石膏パックのように、粉や水を計って溶いたり、
パラフィンのように適温まで冷ましたりせず、
出して塗るだけ簡単で、

「楽してごめんなさい、でもありがとう」の、
便利な栄養パック、でした。

7年前、2000年以前にディプロマを取得した、
一言で言えば、昔の、昭和の、
エステティシャンに向けてのセミナーに出席し、
その中で、マスクプログレシフでマッサージする、
フランス方式に出会った。

相モデルの実習で、お顔にプログレシフを塗布、
マッサージを始めると、
顔と自分の手が真空状態のように密着した。

思わず「凄い!」と言うと、モデルの方も、
長年従事している方だけあって、
「うん、密着、凄いね!」と返してきた。

その後、インストラクターの叫び声、
「さくらんぼ大です、良いですね、さくらんぼ大です」
の声を無視して、
巨砲2個分位使って、マッサージした。

フェイシャル後の肌は、見事に明るくなめらかで、
余りのプルプルさに、経費を考えずに、
「明日からメニュー入り!」

そして、お客様の支持を得て、
当店のアンチエイジング最高位フェイシャルとしていた、
「アンチエイジングの為だけに作られたセルコスメ」
を蹴落として、
アンチエイジング第1位のフェイシャルとしています。

「でも~、マッサージって、下手にすると、
皺を増やすって、聞くけど・・・」

そこで、
簡単に始められ、失敗のしない、
静かで持ち運びもできる、かっさの出番です。

メーカー側は、

さくらんぼ粒大を手に取り、軽く温めてから、
清潔な肌に均一に塗布します。
5〜10分後、ウエットコットンでふき取り、
その後、美容液、クリームで仕上げます。

としていますが、私の提案は・・・。

洗顔後のお肌に、
お使いの化粧水、クリーム(オイルでも可)を軽く塗布、
その後、CARITA マスクプログレシフ、
さくらんぼ大をお顔に伸ばし、
下記の要領で、かっさでマッサージしていきます。

5~10分のマッサージ後、
コットンで拭き取りか、洗い流してください。

更にお金を掛けても良いと思われる方は、
マッサージ後、
目・頬にCARITA マスクプログレシフを追加して塗布、
拭き取り若しくは、洗い流してください。

化粧水、クリームで整えて終了です。
かっさで肌に肌理を整える、弛み、法令線を緩和する、
2重顎をなくし、小顔を目指す、
だけでなく、明るい、もちもちのお肌も手に入ります。

翌朝、鏡の中に、
「良いじゃない!」を感じてください。

「CARITAの栄養パック マスクプログレシフwithかっさ」
もちっと、ぴちぴちのお肌を手に入れてください。
私の提案、でした。

かっさマッサージ

お顔も頭もこれ一つ、かっさこれから買うならこれ!

かっさ櫛

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか?

東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

Cosme De Esthe エステティックサロンの化粧品「Cosme De Esthe エステティックサロンの化粧品」

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。

フェイシャルO2バブルパック VS  ナボカル・フェイシャルマスク

こんにちはo(*_ _)o
表参道で、
エステティックサロン青山全身美容室を、
営んでおります、草野智子です。

ナボカル・フェイシャルマスクは開店以来25年売っており、
店頭だけでなく、ネットショップでは、
ナボカル・ミルキーフォームに次ぐ、
売り上げNO,2の地位にあります。

肌のざらつき、角質が気になる部分、お鼻や顎などには、
薄く塗って、若干ピーリングを掛けながら洗う。
又、牛乳を混ぜ厚く塗れば、潤いを残しながらも、
くすんだ目の周り、色素沈着の気になる瞼、唇には、
美白効果が高いなど、

使用方法に依り、乾燥肌から脂性肌、ニキビ肌、
どんな肌にも対応でき、
効果は高く、値段の安いフェイシャルマスクは、
自信を持って薦められる逸品です。

一昨年より、ディーラーの勧めに依り、
O2バブルパックを売り出しました。

販売者からすると、
同じ効果ならば、安くて、量の多いフェイシャルマスクの方が、
お得なのではと思うのですが、

「子育て中の身には、簡単、時短で使えて良い」
「パックアウト、洗うタイミングが分かりやすい」

との評価を受け、こちらも人気商品となってきました。

共に、何度も使っていますが、比較したことは無く・・・。
客観的に商品を捉えるべく、
同条件でと、顔の半面を交互に使い、5回。
パック後の肌色、手触り等、
対比を実験、観察し、下記に纏めました。

物悲しくぴちょん君が歌う、湿度のように、
「求められて、捨てられて」
肌にも、季節によっても、求めるものは違います。

実験をしての発見、O2バブルパックは、
酸素の発生は、
「クレンジングパックとしての能力だけでなく、潤いを与えてくれる」

コラーゲン生成にとありますが、
パック後に、「お肌しっとり」は実感しますが、
「お肌ぷっくり!」との感想は出ません。

コラーゲン生成といえば、
セラムパックⅠで、
「瞼ふっくら」を実感しており、
手助けはしてくれるかもしれませんが・・・。

総論としては、
求めるもの1位は何か、2位には何を求めるか、
何は譲れるか、・・・、等も考えながら、お選び下さい。

      O2バブルパック酸素のパックO2バブルパック

洗顔、クレンジングが、美肌の基本です。
私の提案でした。

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか?

東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

Cosme De Esthe エステティックサロンの化粧品「Cosme De Esthe エステティックサロンの化粧品」

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。

かっさマッサージ「42秒の毛穴ケア」

こんにちはo(*_ _)o
1991年より表参道で、
エステティックサロン青山全身美容室を、
営んでおります、草野智子です。

今回は、「かっさ 42秒の毛穴ケア」と題して、

頑張らずに続けられる、かっさマッサージをお伝えします。
かっさをフェイシャルに取り入れて、
3年が過ぎました。

肌の肌理が整う、法令線が消えるだけでなく、
今までの手技だけの施術よりも、
半分の期間で、顎、輪郭、小顔が定着し、
今では、無くてはならない技術となっています。

当店でのかっさの位置づけは、
マッサージ技術の一つとなっており、
かっさのみ、手技のみ、かっさ&手技の、
3通りの中から選んでいただけます。

お勧めの技術は、

かっさ&手技の「ハーフ&ハーフ」

又、人気も同じく、
9割の方が、かっさ&手技をお選びです。

かっさプレートが、
マッサージの道具としては比較的安価でもあり、
ホームケアでお使いのお客様も多く、
皆様、良い結果を出していらっしゃいます。

結果が出ているから、使い続けられる、
維持したいと思うと、止められない、
と言った方が正解でしょうか。

弛み=かっさと思われがちですが、
毛穴の開き、引き締めも、
ご自分でなさっただけでも、
1回で実感していただけます。

「えー、難しいんでしょう?」

まずは、一番簡単で、且つ、
カルテのお悩み欄では、1・2位になる、

「毛穴の開きが気になる」

お鼻&小鼻の毛穴ケアで説明します。

用意するもの:お顔用かっさ お使いのクリームorオイル

かっさプレートは、いろいろな種類がありますが、
肌陶器や樹脂ではなく、
当たりの良い、黒水牛、翡翠、瑪瑙等、
天然素材をご使用ください。

黒水牛かっさ

黒水牛 お体お顔兼用かっさ¥2,500

 

 

左 瑪瑙の羽根型¥3,150
右 ローズクオーツの山型¥2,100

洗顔後の綺麗なお肌に、
化粧水で整肌後、クリームORオイルを塗布します。
かっさは、ただ持っているだけ、
絶対にを加えないでくださいね。

42秒の毛穴ケア

 

1、鼻梁に沿って、
かっさを上から下へ10回滑らせます。

2、鼻梁の右側面を、
同じように上から下へ10回。

3、小鼻の山を同じように上から下へ10回。

4、序に気になる法令線対策で、法令線を上から下へ10回。

5、鼻梁の左側面を同じように、
6、小鼻の山を同じように
7、法令線も同様に、

さて、これで1分もかかりません。
私の計ったタイマーは、42秒と出ました。

を入れないでなさっていただけましたでしょうか?

赤くなったり、肌がひりついたりは、
の入れ過ぎ、若しくは、
クリームORオイルの不足です。

「本当にこれだけで、効果があるの?」

素肌では分かりにくいかもしれませんが、
翌朝の洗顔時の、肌の滑らかさ、
又、ファンデーションをお使いになると、
肌理が整っていることを、ご実感頂けます。

初めの一歩、お鼻の毛穴から、
まずは1回42秒。
私の提案、宜しかったら、お試して下さいませ。

日本エステティック協会 認定エステティシャン

青山全身美容室 草野智子

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか?

東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

 

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。

潤い肌への道「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

こんにちはo(*_ _)o

1991年より、
表参道でエステティックサロン・青山全身美容室
を営んでおります、草野智子です。

湿度も低くなってきましたね。
今回の、素肌美人.netは、

「潤い肌への道」

クレンジングで乾燥対策として、
「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
の、提案です。

「お風呂上りに、お茶が飲めない?」

知人に、「お風呂上りに、
お茶が飲めない」と言われました。
汗をかいて喉が渇いている筈なのに、
「え、何故?」と聞くと、

「お風呂に入って、洗顔すると、
顔がパリパリに乾燥して突っ張って痛いから、
まず化粧水を付けてからでないと、
お茶が飲めない」

あ〜、そうか、そういう理由か、
と納得し、
さて自分の身に振り返って、
私は、どうしているか。

自宅でお風呂に入る時は、
お風呂あがりに食事の支度をし、
食事with Beer。

その後、テレビを見ながら化粧水。
潤ったころに、クリームを付けてかっさ。

お風呂屋さんに、
化粧水も持って出かけてはいるのですが、
自宅に帰ってから、食後、
テレビを見ながらでないと付けていない。

若いころは、ぎとぎとの脂性肌で、
洗いっぱなしだった私も、
夏場はまだしも、冬場は、
化粧水を沢山必要とする年代になってきました。

シンプルケアがモットーの私は、
冬場は、化粧水塗布を何度も繰り返します。

しかし、洗顔後に、
顔が突っ張って痛い、経験はないですね。
若いから?まさかです。

自分では当たり前のようになっていた、
夏・冬、季節毎に、
クレンジング・洗顔の使い分けをしているからと、
思い当たりました。

皆さん、特にこの乾燥しているこの季節、
洗顔後、化粧水を付けずに、
ゆっくりとお茶を飲めますか?

それとも、椅子取りゲームのように、
焦って化粧水を付けていますか?

「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

夏には夏の素材の半袖、
冬には暖かなウールの長袖を、
多分、普通の方はお召しになられると、
存じます。

1年中、長袖若しくは半袖、
年間同じお洋服では過ごす方は、
日本に於いては、
多分、多分、ごく僅かだと思われます。

では、お化粧品は如何ですか?
季節によって、お着替え、
使い分けなさっていますか?

分泌が少なく、
湿度が低く乾燥しやすい冬の季節に、
脱脂力の強い、アルカリの石鹸洗顔は、
お肌に厳しいものがあります。

脱脂し過ぎ&アルカリに片寄りすぎ、
戻るのも難しく、たくさん、
足さなくてはならなくなります。

取りすぎなければ、行きすぎなければ、
戻るのも簡単ではないでしょうか。

1年中、ギトギト脂性肌の方を除き、
「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
を提案しています。

春・夏から秋まで、水が気持ち良い季節は、
1回目は、ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでウエットコットンを使って、クレンジング。
2回目に、ナボカル・ミルキーフォームで洗顔する、

朝は、ミルキーフォームで洗顔。

秋・冬、低気温と乾燥の季節には、
1回目、
ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでクレンジング、
ウエットコットンを使用して、拭き取り。

2回目も、
ジェナティックのグリコでクレンジング、
2回目は、ウエットコットン不使用で、
水洗顔し終了。

朝は、グリコで洗顔。
ウエットコットンは不使用です。

「洗うだけが良い」方には、
ナボカル・ミルキーフォームのみの方も、
「洗うのが、嫌い!」の方は、
ジェナティック・グリコだけの方もいらっしゃいます。

長く続いた習慣や、好み、
「洗顔後の顔がきしっと、突っ張るのが好き」な方も、
稀にいらっしゃるので、あくまでも、提案です。

ナボカル・ミルキーフォーム、
ナボカル・マッサージローション、
ジェナティック・グリコの3種類を、
肌別季節別の、使い分けを掲載してあります。
http://www.aozen.net/facial.html#cleansing”
宜しかったら、ご覧ください。

美肌・素肌美の基本はクレンジングです。
クレンジング・洗顔に気を使うこと無くして、
美肌はあり得ません。

高価なクリーム・美容液・化粧水を使う前に、
考えていただきたいと、
私の提案をさせていただきました。
宜しかったら、お試し下さいませ。

 

日本エステティック協会 認定エステティシャン

青山全身美容室 草野智子

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘッドマッサージで満足ですか?
東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

 

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。