「化粧水は1回付けるだけですか?」

こんにちはo(*_ _)o

1991年より、
表参道でエステティックサロン・青山全身美容室
を経営している草野智子です。

今回は素肌美人・潤い肌への道として、

「化粧水は1回付けるだけですか?」
を、提案させていただこうと思っております。

ご新規のお客様のカルテに書かれた、

幾種類もの化粧品。
年齢とお肌を照らし合わせて考えると・・・。

この化粧品は不要かな、

肌トラブルの原因は、多分、これだな。

そして、使っている化粧品の、

総合計金額は幾らになるのだろうかぁと、
思う事が・・・、しばしば、ございます。

ですが・・・。

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、
偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって、
何らかの改善がみられる事を言う。

エステのお勉強会では、「プラセボ療法(偽薬療法)」
信じて使っているものは、
効果を現す事もあると言う事で、
良く耳にする言葉なのです。

依って、肌にトラブルを出していない場合を除き、
私はお客様が気に入ってお使いの化粧品を、
否定する事は致しません。

フェイシャルに通っている方は、
化粧品が好き!と思われるかもしれません。

若しかすると・・・、
当店のお客様だけかもしれませんが、
皆様、素肌美人で、美肌を保っていらっしゃいますが、
多くの化粧品を使う事がお好きではありません。

「類は友を呼ぶ」と言う事、でしょうか、
なんとか、少ない数の化粧品で、
楽をしようとなさっています。

エステティシャンとして、
初めて携わった化粧品メーカーは、
フランスのCARITA。

その当時CARITAシステム、使う化粧品は、
3点のみ至ってシンプルなお手入れで、
「2+1」 と呼ばれていました。

朝は、クレンジングの後、
花精化粧水と、ファンデーション。
夜は、クレンジング、PH調整のスプレー後は、
肌を休ませる為に、何も付けずに眠る。

CARITAの化粧水が優れていた事、
若かった事と脂性肌でもあり、
永らくこのシステムを続けておりました。

そのせいか、未だホームケアで、
肌年齢に不適当な高額化粧品や、
多種類の化粧品を使う事を、
芳しくは思っておりません。

若いお客様のカルテに、美容液と書かれていると、
理由を尋ねる事もあります。
化粧水だけでは肌が乾燥するから」
「クリームは肌を汚すけど、美容液は肌を汚さないから」

美容液神話とでも言うのでしょうか?
水溶性物質は肌を汚さず、油溶性物質は肌を汚す、
と思い込んでいらっしゃる、ようです。

又、美容液は美肌の為に、
不可欠の物と思い込んでいるの、かも、しれませんが。

美容液、クリームと多種類の化粧品をお使いの方に、
化粧水は何回つけますか?」と伺うと、
「え、1回ですよ!」と当然の如く答えられます。

肌にトラブルを出していな限りには、
構わないのですが、保湿に走るあまりに、
不必要な美容液で、ニキビ、作っていませんか?

透明感のある素肌美にとって大切な事は、
化粧による充分な水分補給と、
皮脂膜を作るために必要な皮脂の分泌を高める事です。

肌の一番外側、外壁とも外堀とも言える、
角質層の水分保持が、肌の透明感、
張りのある素肌美の、大きな要素となります。

私は、少量づつ顔に噴霧し、
手、指先で軽く顔を抑えるように、
時間を置きながら、これを何回も繰り返しています。

季節により回数は異なりますが、

乾燥が気になる季節には、

朝は身支度をしながら、3回位、
夜は手元に置きテレビを見ながら、4・5回位、

肌が「も〜ぅ、いっぱい!」になるまで、
何度も化粧水をスプレーして、

使っています。

そして最後に、クリームを必要な部分、

(毛穴が気になる&化粧崩れで書きます)に付けて、
朝はこの後、ファンデーション、
夜は休んでおります。

化粧を1回つけただけで「肌が潤わない、から」と、
肌が乾燥しているからと、高価な美容液に手を出す前に、
多種類の化粧品を買う前に、
化粧を何回もつけてみませんか?

美肌の為の、素肌美の為の、素肌美人になる、
「潤い肌への道」は、経済的で、
そして、案外近いかもしれませんよ。

私の提案、宜しければ、お試しくださいませ。

日本エステティック協会 認定エステティシャン

青山全身美容室 草野智子

 東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。

潤い肌への道「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

こんにちはo(*_ _)o

1991年より、
表参道でエステティックサロン・青山全身美容室
を営んでおります、草野智子です。

湿度も低くなってきましたね。
今回の、素肌美人.netは、

「潤い肌への道」

クレンジングで乾燥対策として、
「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
の、提案です。

「お風呂上りに、お茶が飲めない?」

知人に、「お風呂上りに、
お茶が飲めない」と言われました。
汗をかいて喉が渇いている筈なのに、
「え、何故?」と聞くと、

「お風呂に入って、洗顔すると、
顔がパリパリに乾燥して突っ張って痛いから、
まず化粧水を付けてからでないと、
お茶が飲めない」

あ〜、そうか、そういう理由か、
と納得し、
さて自分の身に振り返って、
私は、どうしているか。

自宅でお風呂に入る時は、
お風呂あがりに食事の支度をし、
食事with Beer。

その後、テレビを見ながら化粧水。
潤ったころに、クリームを付けてかっさ。

お風呂屋さんに、
化粧水も持って出かけてはいるのですが、
自宅に帰ってから、食後、
テレビを見ながらでないと付けていない。

若いころは、ぎとぎとの脂性肌で、
洗いっぱなしだった私も、
夏場はまだしも、冬場は、
化粧水を沢山必要とする年代になってきました。

シンプルケアがモットーの私は、
冬場は、化粧水塗布を何度も繰り返します。

しかし、洗顔後に、
顔が突っ張って痛い、経験はないですね。
若いから?まさかです。

自分では当たり前のようになっていた、
夏・冬、季節毎に、
クレンジング・洗顔の使い分けをしているからと、
思い当たりました。

皆さん、特にこの乾燥しているこの季節、
洗顔後、化粧水を付けずに、
ゆっくりとお茶を飲めますか?

それとも、椅子取りゲームのように、
焦って化粧水を付けていますか?

「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

夏には夏の素材の半袖、
冬には暖かなウールの長袖を、
多分、普通の方はお召しになられると、
存じます。

1年中、長袖若しくは半袖、
年間同じお洋服では過ごす方は、
日本に於いては、
多分、多分、ごく僅かだと思われます。

では、お化粧品は如何ですか?
季節によって、お着替え、
使い分けなさっていますか?

分泌が少なく、
湿度が低く乾燥しやすい冬の季節に、
脱脂力の強い、アルカリの石鹸洗顔は、
お肌に厳しいものがあります。

脱脂し過ぎ&アルカリに片寄りすぎ、
戻るのも難しく、たくさん、
足さなくてはならなくなります。

取りすぎなければ、行きすぎなければ、
戻るのも簡単ではないでしょうか。

1年中、ギトギト脂性肌の方を除き、
「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
を提案しています。

春・夏から秋まで、水が気持ち良い季節は、
1回目は、ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでウエットコットンを使って、クレンジング。
2回目に、ナボカル・ミルキーフォームで洗顔する、

朝は、ミルキーフォームで洗顔。

秋・冬、低気温と乾燥の季節には、
1回目、
ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでクレンジング、
ウエットコットンを使用して、拭き取り。

2回目も、
ジェナティックのグリコでクレンジング、
2回目は、ウエットコットン不使用で、
水洗顔し終了。

朝は、グリコで洗顔。
ウエットコットンは不使用です。

「洗うだけが良い」方には、
ナボカル・ミルキーフォームのみの方も、
「洗うのが、嫌い!」の方は、
ジェナティック・グリコだけの方もいらっしゃいます。

長く続いた習慣や、好み、
「洗顔後の顔がきしっと、突っ張るのが好き」な方も、
稀にいらっしゃるので、あくまでも、提案です。

ナボカル・ミルキーフォーム、
ナボカル・マッサージローション、
ジェナティック・グリコの3種類を、
肌別季節別の、使い分けを掲載してあります。
http://www.aozen.net/facial.html#cleansing”
宜しかったら、ご覧ください。

美肌・素肌美の基本はクレンジングです。
クレンジング・洗顔に気を使うこと無くして、
美肌はあり得ません。

高価なクリーム・美容液・化粧水を使う前に、
考えていただきたいと、
私の提案をさせていただきました。
宜しかったら、お試し下さいませ。

 

日本エステティック協会 認定エステティシャン

青山全身美容室 草野智子

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘッドマッサージで満足ですか?
東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

 

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。

潤い肌への道「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

 こんにちはo(*_ _)o

1991年より、
表参道でエステティックサロン・青山全身美容室
を営んでおります、草野智子です。

今回の、素肌美人.netは、
潤い肌への道
クレンジングで乾燥対策として、

「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
の、提案です。

「お風呂上りに、お茶が飲めない?」

知人に、「お風呂上りに、
お茶が飲めない」と言われました。
汗をかいて喉が渇いている筈なのに、
「え、何故?」と聞くと、

「お風呂に入って、洗顔すると、
顔がパリパリに乾燥して突っ張って痛いから、
まず化粧水を付けてからでないと、
お茶が飲めない」

あ〜、そうか、そういう理由か、
と納得し、
さて自分の身に振り返って、
私は、どうしているか。

自宅でお風呂に入る時は、
お風呂あがりに食事の支度をし、
食事with Beer。

その後、テレビを見ながら化粧水。
潤ったころに、クリームを付けてかっさ。

お風呂屋さんに、
化粧水も持って出かけてはいるのですが、
自宅に帰ってから、食後、
テレビを見ながらでないと付けていない。

若いころは、ぎとぎとの脂性肌で、
洗いっぱなしだった私も、
夏場はまだしも、冬場は、
化粧水を沢山必要とする年代になってきました。

シンプルケアがモットーの私は、
冬場は、化粧水塗布を何度も繰り返します。

しかし、洗顔後に、
顔が突っ張って痛い、経験はないですね。
若いから?まさかです。

自分では当たり前のようになっていた、
夏・冬、季節毎に、
クレンジング・洗顔の使い分けをしているからと、
思い当たりました。

皆さん、特にこの乾燥しているこの季節、
洗顔後、化粧水を付けずに、
ゆっくりとお茶を飲めますか?

それとも、椅子取りゲームのように、
焦って化粧水を付けていますか?

「季節別・肌別のクレンジング使い分け」

夏には夏の素材の半袖、
冬には暖かなウールの長袖を、
多分、普通の方はお召しになられると、
存じます。

1年中、長袖若しくは半袖、
年間同じお洋服では過ごす方は、
日本に於いては、
多分、多分、ごく僅かだと思われます。

では、お化粧品は如何ですか?
季節によって、お着替え、
使い分けなさっていますか?

分泌が少なく、
湿度が低く乾燥しやすい冬の季節に、
脱脂力の強い、アルカリの石鹸洗顔は、
お肌に厳しいものがあります。

脱脂し過ぎ&アルカリに片寄りすぎ、
戻るのも難しく、たくさん、
足さなくてはならなくなります。

取りすぎなければ、行きすぎなければ、
戻るのも簡単ではないでしょうか。

1年中、ギトギト脂性肌の方を除き、
「季節別・肌別のクレンジング使い分け」
を提案しています。

春・夏から秋まで、水が気持ち良い季節は、
1回目は、ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでウエットコットンを使って、クレンジング。
2回目に、ナボカル・ミルキーフォームで洗顔する、

朝は、ミルキーフォームで洗顔。

秋・冬、低気温と乾燥の季節には、
1回目、
ジェナティックのクレンジングミルク、
グリコでクレンジング、
ウエットコットンを使用して、拭き取り。

2回目も、
ジェナティックのグリコでクレンジング、
2回目は、ウエットコットン不使用で、
水洗顔し終了。

朝は、グリコで洗顔。
ウエットコットンは不使用です。

「洗うだけが良い」方には、
ナボカル・ミルキーフォームのみの方も、
「洗うのが、嫌い!」の方は、
ジェナティック・グリコだけの方もいらっしゃいます。

長く続いた習慣や、好み、
「洗顔後の顔がきしっと、突っ張るのが好き」な方も、
稀にいらっしゃるので、あくまでも、提案です。

ナボカル・ミルキーフォーム、
ナボカル・マッサージローション、
ジェナティック・グリコの3種類を、
肌別季節別の、使い分けを掲載してあります。
http://www.aozen.net/facial.html#cleansing”
宜しかったら、ご覧ください。

美肌・素肌美の基本はクレンジングです。
クレンジング・洗顔に気を使うこと無くして、
美肌はあり得ません。

高価なクリーム・美容液・化粧水を使う前に、
考えていただきたいと、
私の提案をさせていただきました。

宜しかったら、お試しくださいませ。

日本エステティック協会 認定エステティシャン

青山全身美容室 草野智子

お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか?

東京・表参道のエステティックサロン「青山全身美容室」はこちら

 

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村

About 智子 草野

1985年にエステティシャンとして働き始め、1988年より青山・表参道で働きはじめました。 1991年、南青山骨董通り、7坪のワンルームから始め、2002年 4月、同じビルの6階の605号室・606号室 ( コネクティングルーム ) に移転。 2008年11月、表参道の喧騒を抜け、静かな通りに位置するビル、maisonAX広いバルコニーと大きな窓のある201号室に一目惚れし、移転、現在に至ります。